予約無しで気軽に陶芸体験 安心の伊東観光協会加盟店舗 伊東市池675-62 0557-54-0770

・ダンボールを丸めて芯材を作ります。

伊豆高原アートフェスティバル

2010年4月28日(水)

ゴールデンウィークに向けたお香体験小屋が完成しましたが
引き続きゴールデンウィークにこの伊豆高原で行われるアートイベント
伊豆高原アートフェスティバル向けの作品製作に入りました。

ほけきょ庵の運営が私の責務であり、
ここ数年は自己の製作物に当てる時間や資金がありませんでした。

経営と言うのは、朝起きて夜寝るまでの全ての時間を当ててもなお足りない物で、
ここ数年は、ひ~こら言いながらただひたすら馬車馬のように働くのみでした。

その甲斐あってか、ここの所少し余裕も出て来てるので
この伊豆高原アートフェスティバルを一つの機会と捉え、
ほけきょ庵の認知とスタッフの製作物の発表の場にできればなと考え
今年から参加することにしました。

私自身も自身の中に温めてたアイデアを具現化出来るチャンスですので大張り切りです。


使用する素材は、
ダンボールや新聞紙、小屋作りで出た廃材やあまった漆喰などの建材。
つまり「ガラクタ」です。

アートなんてのは
見る人によっては「ガラクタ」同然だと私は考えてます。

究極的なことを言えば、

絵画は「紙の上に絵の具を塗ったくった物」であり
彫刻は「木材をノミで削った物」です。

貴金属など希少価値の高い物を素材に作ったとて
時を経れば世にありふれた素材ともなりますし。

科学の粋を極めた技術を駆使しても
やはり文明単位のスパンで物事をはかると時間と共に価値が減少します。

モチロンそういった点も踏まえ評価評論されるものではあるのですが
それは評価する側の都合でもあります。

そういった単なる「物」に、文化的背景や文明を異にする者すらも
感応させてしまうほどの、技術を可能とする精神性が宿らなければ、
結局のところやはりそれはガラクタ同然なのです。

特に現代に至っては美術大学でアーティストが量産され
高い技術力と知識教養を誇るアート作品を量産するのだから大変です。

僕の「自己表現」、私の「自己表現」で世の中は溢れ帰り
感嘆するような物から自己満足なものまで次から次へと「自己表現」が生産され、
消費され、破棄され、世の中はアートで飽和状態です。

今時は作る事のみならず売り方やセルフプロデュースまで学んでますし
オリジナリティのみを追求した得体の知れ無いパフォーマンスまがいの物があるかと思いきや
情報過多を逆手に取った似非オリジナリティ作品がまかり通る時代です。


てなわけで、自己を表現する事などに手は染めないで
普遍的だけどありふれたテーマに手を出してみる事にします。

題材は「仏陀の世界観」これの視覚化を試みます。

アートフェスティバル期間中に製作し
ほけきょ庵に興味のある人、アートに興味のある人、伊豆高原に観光に来た人。

これらの人に製作現場を見てもらおうとの趣向です。

文章※武山よしてつ


・ノッポさんになったつもりで、「でっきるっかな~はてさてほほ~」
伊豆高原アートフェスティバル

・The world is a playground. 武山よしてつ ~漆喰彫塑と虹のインスタレーション~

伊豆高原アートフェスティバル


伊豆高原アートフェスティバル77番目の会場・ほけきょ庵では、
陶芸作品、手芸作品の展示販売を行いました。

期間中には仏をモチーフにしたインスタレーション作品作りを来場の皆様にごらんいただき、
作品の完成してゆく様を見学出来るよう趣向を凝らしました。

光と水と空気と虹と、自然の要素をスクリーン投影した漆喰素材の彫塑仏陀。
誰にも簡単に視覚・直感的に楽しめるよう工夫してみました。

現代で生活する我々は誰しもが生身の釈迦・仏陀を知りません。
これは千年前に生きた人も二千年前に生きた人も同様です。

仏像を彫る仏師たちも例外ではありませんから、
仏像をモデルに製作された仏像で世界は溢れかえっています。

既にデッサンされた石膏彫刻をデッサンするような芸術活動で
自分自身の創作意欲を満たすことは、私には出来ません。
仏像を見て仏像を作るくらいなら、自ら作ることなく既製品に求めれば済む話なのです。
それは表現者の姿勢ではなく鑑賞者の姿勢そのものです。
私は仏像に興味があるのではなく釈迦・仏陀に興味があるのです。

釈迦をモチーフに創作を行うならば、釈迦とは何かを理解する必要があるでしょう。
二千五百年の間に彼の教えにかけられた数多のフィルターを取り除き、
彼の教えその物に近づく事が必要となるのです。
小乗仏教と大乗仏教に別れる前の釈迦が唱えた教え。
道教やヒンドゥー教の影響を受けていない教えそのものに迫る必要があるのです。

奈良や京都、鎌倉などで見られる仏教彫刻の数々は、それはそれで美しいのですが。
仏陀の教えそのものを表現してるとはとても思えません。
そもそも日本に仏教が伝わったのすら、仏教が世に出てから一千年のときを経ているのです。

伝播する途中には、伝言ゲームのようにその土地の文化、他の宗教観や神話をもを吸収し
釈迦の教えとは程遠いものになってます。現世仏教の数々を否定する気はありません。
ならば「釈迦の教えとは程遠い」と言う私の理解も何者にも否定できるものではありません。

お前に釈迦の何がわかると問われれば
お前こそ何を知っているんだと問います。

この「タブー」を私は冒したいと思います。

製作にさいし最も注意したことは、仏陀の説く世界観を視覚・直感的に得られるように
「荘厳」「重厚」などの従来の装飾を廃す事です。

二千五百年の間に身にこびり付いた垢や汚れを落とすように、
数多の僧侶。仏師・職人が、ゴテゴテに装飾したそれらの要素を引っぺがします。

薬師も如来も観音も孔雀も毘沙門もなんもかんも廃します。
これらは後の人々の都合により付け加えられた装飾に過ぎません。

菩薩も阿修羅も明王も天部も否定します。

それらバリエーションは楽しくも美しくもあるのですが
これらはむしろ「仏陀」そのものに近づくことを阻害しかねないとの判断です。

私はこれから貴方が今まで見たことのない仏像をクリエイトします。

極端なことを言えば、自室の部屋のすみにインテリアとしても存在が邪魔にならない様な、
シンプル&モダンな仏陀の姿を創造する事になるはずです。

この仏陀は、普段は工芸品やおもちゃ作りを生業とする私が行う芸術活動の1作目です。
それはまるで洗練されてない物であり表現としては稚拙なものです。
何故なら作り続けていないからです。

当然のことながら作りながらも
あ~すればよかったこ~するべきだったと反省点が見つかる
とても楽しい作業でした。
これからどのような返還を辿るのか自身とても楽しみです。

文章※武山よしてつ





伊豆高原 ギャラリー

4月27日(火)

ゴールデンウィーク直前です。
小屋作りの完成、ギリギリで間に合いました。
この部屋は、お香作り体験の部屋となるのですが。
このゴールデンウィークと5月の1ヵ月間は
伊豆高原アートフェスティバルの展示に利用します。

ウッドデッキの上に壁を作り漆喰を塗った簡素な部屋ですが。
窓の外の風景の見え方や、自然光の取り入れ方など、各所にこだわりと工夫を凝らし
ギャラリー展示なども出来るようにデザイン設計してあります。

素人仕事でもここまでやれたとの安堵と
頭に思い描いたとおりの完成度に、私自身ご満悦です。

これらウッドデッキや小屋作りなどを職人さんに依頼すると
何百万ものお金が要ります。
お金を貯めてそれらの事を実現することはとても大変なことです。
そして工期も短く美しく立派な物が出来ることは間違い無いのですが。

出来ることは自分でする。
作れるものは自分で作る。
やったこと無いことにもチャレンジする。
生活を楽しむ。
美しく生きる。

それらの結果、そこそこでいいから美しく立派な物が目の前に創出される。
これらの精神を大切にし、スタッフ皆と分かち合いたいのです。

今後もこの調子で、手作りの観光施設を目指したいと考えてます。

文章※武山よしてつ


伊豆高原 ギャラリー


伊豆高原 ギャラリー


伊豆高原 ギャラリー

伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

4月26日(月)

一年ほど前に購入して風雨にさらされて
いい感じに寂れた木材で窓を作ります。

この木材は以前のウッドデッキの目隠しに使ってたものです。

コンパネ材と外壁板の隙間に雨戸のように滑らせて
窓となるような構造にしてあります。


文章※武山よしてつ

伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

4月25日(日)

内壁には漆喰を塗りましたが
外壁はコンパネの上に塗装を施し
1x4の板を張ってゆきます。

塗装したコンパネの上に直に張るのではなく
2x4材を貼り付けたその上に1x4の板を貼り付けました。
この方が風雨にさらされても
風通し良く腐らずに済むかなとの配慮です。

文章※武山よしてつ


伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

4月24日(土)

張り終えた石膏ボードの上に
今度は漆喰を塗りつけてゆきます。

左官作業の経験者は私1人、と言っても10代の頃
建築現場でコンクリートの左官作業を手伝ったことがあるという程度。

あと二年前に、陶芸仲間と自主ギャラリーを開設した時に
やはり石膏ボードと床に珪藻土を左官した経験があるのみです。

しかし1人で作業したのではゴールデンウィークまでには
到底間に合わないので志村君とマーボに簡単なレクチャーをし
3人で手分けして漆喰を壁に塗りつけてゆきました。

文章※武山よしてつ


伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

4月23日(金)

コンパネを張り終えたらその上に
今度は石膏ボードを貼り付けます。

当初はコンパネの上に漆喰をと考えていたのですが
話を聞くと、コンパネ木材のアクが漆喰に悪影響を与える可能性があるとの事で。
石膏ボードは大して高くないし作業性も良いので
悩まず購入しバンバン貼り付けてゆきました。

ここまで完成してくると志村君もマーボも
完成図が想像できるようです。

設計図無しの施工なので
完成図が見えてるのは私だけ。

いよいよGW目前、小屋作りも大詰めです。

文章※武山よしてつ


伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り


伊豆高原 DIY 田舎暮らし 小屋作り

伊豆高原 陶芸 体験 黒船焼き

天目でもない、瀬戸黒でも。黒楽でもない。
備長炭で焼き締めてますので釉薬のテカリが一切無い
極渋い焼き上がりの炭化焼き締めの器です。

ほけきょ庵にて販売¥4000

白化粧を施し灰釉をかけ丹念に焼き上げました。
灰釉のたまりでは鉄分が結晶化し星のような面白い風景を垣間見れます。
ほけきょ庵にて販売¥3000

伊豆高原 陶芸 アートフェスティバル 灰釉茶碗

伊豆高原 陶芸 アートフェスティバル 灰釉茶碗

伊豆高原 ガーデニング 洋芝

2010年4月22日(木)

ここのところの雨続きで
考えていたよりも洋芝の発育が遅れている気がしましたが
やっとこさ生え揃って来ました。

この季節の緑は本当に美しいですね。
ぼ~~っと眺めてると
安堵と共にため息が出てきます。

この調子ではゴールデンウィークまでにと言うのは無理そうですが
アートフェスティバルの期間中にどこまでも生えてくれることに期待します。

文章※武山よしてつ

伊豆高原 ガーデニング 洋芝