予約無しで気軽に陶芸体験 安心の伊東観光協会加盟店舗 伊東市池675-62 0557-54-0770

陶芸体験ほけきょ庵は2017年12月8日より姉妹店(森かふぇ&わんこの森ドッグラン)と合併しました。旧ほけきょ庵(別荘分譲地内の230坪)から大室山の麓の1500坪の土地にスケールアップして、より広く、より自然景観を活かし、もっともっと楽しい施設を目指し、フタッフ皆でセルフビルドで日々拡張してゆきます。これまでと変わらぬ御愛好の程よろしくお願い申し上げます。


・インスタグラム★口コミ写真

ほけきょ庵が選ばれる3つの理由

その1.自然景観を大切にした手作りのぬくもりある工房
せっかく伊豆高原に来たのだから高原の雰囲気、森林に囲まれた工房で陶芸を楽しみたいと思いませんか?ほけきょ庵は、「伊豆旅行の思い出になるような」「自然環境を活かした施設を」とスタッフ皆でセルフビルドしてる工房です。伊豆旅行に是非おすすめしたいです。
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験

その2.伊豆旅行の記念品に喜ばれてます
経済産業省 経営革新認定。伊豆の風景や名物をイメージして工房独自に開発した「伊豆ならではの焼き上がり」を用意。「伊豆白浜焼き」「河津さくら焼き」などが選べ、陶芸初めての方にも本物をお求めのコダワリのある方にも「伊豆旅行のお土産・記念品にぴったり」と喜ばれてます。
伊豆白浜焼き

その3.貴方のプランで気楽に楽しんで下さい。
ほけきょ庵の陶芸体験では、使える粘土の量に制限があったり、焼き上げられる数が決まってたり、時間制限があったりしません。貴方のペースで、貴方の使いたい粘土の量で、貴方の気に入った物を焼き上げるスタイルです。詳細はこちら
ほけきょ庵 電動ろくろ 陶芸体験


料金・利用条件など

①電動ろくろ1人3500円(粘土約4キロ(コップなら15個作れる位の量)&1個焼成込みが3500円に含まれます)+粘土おかわり約4キロ=500円 追加1個焼く度にプラス1000円
 (フリードリンク込み・ドッグラン無料)

②てびねり陶芸orワンシーサー1人1500円+使った粘土代、(コップ1個約400円位)
(フリードリンク込み・ドッグラン無料)

③施設利用者皆様・カレー&シチューのビッフェランチ(セルフサービス)をプラス500円で利用できます。

④体験しない付き添い1人・施設利用料1000円(フリードリンク込み)頂いてます。

⑤ドッグラン1人1000円、わんこは無料、(要狂犬病予防注射証明書を持参)
(フリードリンク込み)(自分で危険を察知し対処できる~中学生以上から)(荒天時お休み)

⑥森かふぇランチ利用のみ・1500円、フリードリンク&おかわり自由なカレー&シチューのビッフェランチ(ドッグラン無料)

⑦遊具(ミニセグウェイ・トランポリン・ジップライン・ドローン・電動ミニバイクなど)は利用者同士シェアして楽しんでください。

伊豆 伊豆高原 セグウェイ 体験


営業時間・お問い合わせ

定休日■年中無休
10:00~17:00■平日(最終受付/15:00)
10:00~18:00■土日祝祭日・GW・夏休み・年末年始・春休み(最終受付/16:00)

駐車場11台(無料・先着優先)


・よくある質問は こちら

・電話受付時間 10:00~17:00

予約は8名様以上から承ります。3日前までに指定口座にコース料金の一部を振り込み頂きます。
団体予約コースの詳細ページは後日公開します。

 お問い合わせ電話はこちら→0557-54-0770

陶芸体験ほけきょ&森かふぇ+わんこの森ドッグラン
〒413-0234 静岡県伊東市池675-62




■ほけきょ庵インストラクターの電動ろくろ背面挽きデモンストレーション (注意※音が出ます)

~口コミでひそかに広がる~ほけきょ庵の焼き物の魅力

貴方が作った大切な「作品」であるからこそ・・。

他所の体験工房とは違う事をしています。

ほけきょ庵の陶芸体験作品は

・1~2ヶ月で焼けません
・陶芸教室や普通の体験工房で選ぶ画一的な釉薬は選べません
・土は緋色の出方を重視したほけきょ庵オリジナルブレンドです
・電気窯で全自動で焼けません
・備長炭を使った高コストの極還元焼成で焼き上げてます
・サヤと言う容器を使うので窯容量で換算した場合1度に焼ける量が他の工房の半分位です。
・普通の工房にはない圧倒的な手間隙をかけても90日以内でお届けしてます
・同じ焼き上がりが一つとしてありません
・お手入れが必要です
・使い込むほどに味わい深くなります


そして、だからこそ・・。

★★価値を理解してくださる方に愛されリピート頂いてます★★

窯の置いた場所で、同じ焼き上がりでも個性が一つ一つ違うなんて人間みたいでおかしいですね。
伊豆白浜 焼き
ほけきょ庵の陶芸体験の焼き上がりは「焼き締めの灰被り陶」です。
焼き締めの灰被り陶とは、日本六古窯~備前、信楽、常滑などに代表される
自然な風合いを大切にした日本独自独歩の焼き物として数百年に及ぶ歴史を誇ります。

それらの魅力の一つに窯変があります。窯変とは、
土と火の起こす偶然性にとんだ神秘的な化学変化。
計算外の思いもよらない要因が結果として一つの芸術を産み出す事を言います。
偶然性をも許容するその工芸精神は、
自然の山河を想わせる作風で国外でも評価が高まってます。

ほけきょ庵では、伊豆の風景「伊豆白浜」や「河津桜」名物「わさび」などを模した
「伊豆の焼き物・焼き締めの灰被り陶」を気軽に入手いただけます。

伊豆 伊豆高原 陶芸 体験 伊豆の踊り子焼き

ほけきょ庵の焼き物は、釉薬でコーティングしきらずに、
土その物の持つ魅力を引き出す古来窯変焼成を現代設備を用いて排ガスを極力出さず、
コストも圧縮して再現する事が主題となってます。

画一的大量生産品とは一線を画した「ほけきょ庵独自のほんまもん」をお届けしようと、
土の配合から始め、釉薬の開発を重ね、「極還元酸化落し」と言う独自の焼成を用いた焼き物は、
約90日後に手入れ・エイジングの説明書付きでお届けします。

湿度が高く「物」にとって良い条件とはいえない日本の気候風土。
そんな悪条件に対して頓智の利いた世界観でとらえて育んだ一つの回答が
千利休が唱えた「侘び寂」の心もちです。

万物は必ず朽ち果て土に返ります。
ひところ現世に身を置き、どの様に世界に「在る」かは、
物と付き合う私達の「心」その物が反映されます。

・大切に大切に手入れをして愛着を持って陶器を育んでください。

使用前の真新しい陶器 エイジング後の陶器
陶器 エイジング 使用前 陶器 エイジング 使用後


お届けした作品は、使い込むほどに、ひび割れ(貫入)や
ボツボツ(梅花皮)に汚れがしみこみ、使っては手入れして、
味わい深い風情を醸しだす「未完成の生きた焼き物」です。

※陶芸で言う「味わい深い」とは、本来は「どう使われたか」の事をさします。

ほけきょ庵での陶芸体験を機に、
「綺麗に汚れる」相反する概念すら美へと転化させた侘びの心に触れて、
貴方だけの特別な逸品へと貴方自身の手で完成させて下さい。

当工房では、作品を皆様の手元に送る際に、必ず以下の「取扱説明書」を添付してます。
ご自身で作られた作品と長く付き合うための昔ながらの知恵が詰まってます。必ずご覧ください。


★★ほけきょ庵の焼き物 取扱説明書★★

ほけきょ庵 陶器 取扱説明書

2017年4月11日
伊豆高原桜並木開花情報です。

やっと満開です。やたー!

今週末伊豆高原にお越しの予定の方は
陶芸の才能も開花させてはいかがでしょうか

見頃です。 #伊豆高原桜並木 #伊豆高原 #伊豆

Yoshitetu Takeyamaさん(@yoshitetutakeyama)がシェアした投稿 -

ほけきょ庵は桜並木より歩いて5分の別荘地の中にあります。 伊豆高原桜祭りを楽しんだら、森のドリンクバーで一息ついて 陶芸体験も楽しんでみてはいかがでしょうか。

くるくるまわる電動ろくろで器を作ったら、約90日後にお届けいたします。

体験時間....約1時間
電動ろくろ体験料金 1名様 3240円~3780円(焼き上がりにより)

電話受付時間 11:00~16:00

予約・お問い合わせ電話はこちら→0557-54-2026

・電動ろくろで器作りにチャレンジ!
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験 ペンションLaLaLu

河津桜は最近様々な観光地にて早咲きの桜として
各地のお花見の目玉として見かけるようになりましたが
元祖は、名前にもなっているとおり伊豆の「河津」温泉郷の河津桜です。

河津桜は毎年1月後半に咲き始め3月前半まで咲き誇り
公式発表だと300万人の見物客でにぎわうそうです。

・菜の花と共に咲き誇る桜~印象的なお花見です。
伊豆 河津桜

河津温泉郷は天城の山間から海に至るまで
「今井浜温泉」「河津浜温泉」「峰温泉」「湯ヶ野温泉」
「谷津温泉」「大滝温泉」「七滝温泉」と温泉郷が連なります。

他にも「河津七滝」と「ループ橋」「体感型動物園izoo」もあり、お花見+観光も楽しめます。

・歩き疲れたら温泉で疲れを癒してくださいね。
河津さくら 温泉

お花見を楽しんで、お茶で一服、温泉で癒されて、
旅行のラストを飾るのが「お土産」ですよね。

ほけきょ庵の陶芸体験で焼き上げる焼き物「河津桜焼き」は、
菜の花と共に咲く桜として印象深い河津桜をモチーフとした焼き物です。

伊豆 桜 伊豆高原 さくら

伊豆の風景を焼き物にする陶芸体験ほけきょ庵では、
工房独自に開発した「河津桜焼き」で皆さんの行楽を
より一層思い出深いものとなるようにサポートいたします。

河津桜は最近様々な観光地にて早咲きの桜として
各地のお花見の目玉として見かけるようになりましたが
元祖は、名前にもなっているとおり伊豆の人気温泉地「河津」温泉郷の河津桜です。

・菜の花と共に咲き誇る桜~印象的なお花見です。
伊豆 河津桜

今年2016年の特徴を述べると、「暖冬で暖かいね~」の一言に尽きます。
TVでは大寒波だ爆弾低気圧だと報道が続きますが
1月の伊豆は特に影響を受けることもなくひたすらに
ぽかぽかと暖かい陽気の続くすごしやすい日々が続きました。
2月にはいっても同様です。

暖冬で思い起こせば2008年もこの様な感じでした。
この年には、ウグイスは2月の初旬に鳴きだし桜も早咲き。
6月には蛍が銀河の様に舞った年でした。

今年も豊かな年となる予感で一杯です。

河津桜 メジロ

河津温泉郷は天城の山間から海に至るまで
「今井浜温泉」「河津浜温泉」「峰温泉」「湯ヶ野温泉」
「谷津温泉」「大滝温泉」「七滝温泉」と温泉郷が連なります。

他にも「河津七滝」と「ループ橋」「体感型動物園izoo」もあり、お花見+観光も楽しめます。

また何と言っても楽しいのがドライブ。
熱海から河津までの国道135号線はオーシャンビューが続く道でもあります。
冬の海はキラキラ輝いて綺麗ですよ。

・運転で疲れたら温泉で疲れを癒してくださいね。
河津さくら 温泉

お花見を楽しんで、お茶で一服、温泉で癒されて、
旅行のラストを飾るのが「お土産」ですよね。

ほけきょ庵の陶芸体験で焼き上げる焼き物「河津桜焼き」は、
菜の花と共に咲く桜として印象深い河津桜をモチーフとした焼き物です。

伊豆 桜 伊豆高原 さくら

伊豆の風景を焼き物にする陶芸体験ほけきょ庵では、
工房独自に開発した「河津桜焼き」で皆さんの行楽を
より一層思い出深いものとなるようにサポートいたします。

寒い日と暖かい日が交互に続く中、本日2月28日の早朝。
ウグイスが「ほけきょっ」と第一声を挙げました。

毎年この季節のこの泣き声が恋しくて愛おしくてたまりません。
工房名に「ほけきょ庵」と名づけるくらいですからね!

伊豆はまだ2月だと言うのにすっかり春なのですが
春と言えばやっぱり「河津桜祭り」ですよね。

伊豆 河津桜祭り

先日2月18日には、妻の実家へ遊びついでに娘も連れて
伊豆河津町の元祖河津桜を見てきました。

河津桜は毎年1月後半には咲き始め3月前半まで咲き誇り
公式発表だと300万人の見物客でにぎわうそうです。

ほけきょ庵の陶芸体験も、
この時期ばかりは「伊豆の桜と菜の花焼き」が一番人気の
焼き上がりチョイスとなります。

伊豆 桜 伊豆高原 さくら

写真のとおり、菜の花と共に咲く桜として印象深いものがあります。

お花見を楽しんだら、お茶で一服、温泉で癒されて、
陶芸体験も楽しんでみてはいかがでしょうか。

秋冬の寒い季節は室内での体験となります。

秋 冬 伊豆高原 観光


ほけきょ庵は、伊豆高原の自然の中。
ウッドデッキでの体験で好評を頂いてますが、
秋冬の寒い季節は室内での体験となります。

秋冬の季節になると

「冬も外で体験なんですか?」

「寒いですか?」

との問い合わせが複数あるのですが
特に要望が無い限り、室内での体験となります。
安心してお越しください。


秋 冬 伊豆高原 観光

#陶芸 #陶芸体験 #ろくろ #伊豆高原 #ほけきょ庵

Aïさん(@uncafecream)がシェアした投稿 -

harukakanata_musicさん、creativeterreさん、myu523さん、takuro246さんが「いいね!」しました


uncafecream#陶芸 #陶芸体験 #ろくろ #伊豆高原 #ほけきょ庵
myu523あっ!この器は♡ そんなに小さく見えないけど~色合いもいい感じ~♪
uncafecream@myu523 思っていたより、縮んでなかった!この間作ったお皿も楽しみだね〜!
myu523楽しみだね~♪ どんか感じになってるかな♡
uncafecream#pottery

伊豆高原 桜 まつり 2014

2014年4月01日(火)

今日から満開です。
桜のトンネルが出現しました。
約3キロもある関東随一の桜並木をお楽しみください。
今週1週間は見頃でしょう。

春の伊豆高原でお待ちしてます。

伊豆高原 桜 まつり 2014

2014年3月29日(土)

伊豆高原さくら並木道の開花状況です。
昨日今日辺りから一気に暖かくなりました。

伊豆高原駅に近い標高の低いところでは5~6部咲き
標高の高いところでは2~3部咲きといった感じです。

明日から1週間は見頃でしょう。

春の伊豆高原でお待ちしてます。