工房主からあいさつ

こんにちわ、ほけきょ庵マスターの武山よしてつです。
ほけきょ庵ホームページに遊びに来て頂きありがとうございます。

わたしは幼少の頃より家族旅行で訪れた伊豆が大好きでした。
カブトムシやクワガタが沢山取れるし、海ではサザエやあわびが取れ
自然の中で力いっぱい遊べたからです。
小学5年生の時に、定年退職した母方のお爺さんの住む家が伊豆高原に出来て。
夏休み、冬休みと過ごすうちに「将来ここに住みたいな」と心の片隅で漠然とながら思いました。

・妹と爺さんとわたし・・1982年、辺りには民家も少なく森の中の一軒家でした
伊豆 観光 おすすめ 伊豆高原 体験 教室 遊び

その後も、年に数度は伊豆高原を訪れるようになるのですが、
海のない県の平凡な団地で育った私には、この伊豆高原は天国とも思える特別な場所でした。

東京で暮らし、夢を追いかける日々を過ごしつつ、
様々な挫折を味わい人生に行き詰まりを感じていた35歳の時
誰も住まなくなった伊豆の家に思い切って引っ越すことを決意しました。

知り合いが誰もいない迷路のような毎日から始まり、じょじょに友人も出来、観光業にも慣れ
ほけきょ庵を主宰する事にもなり日々幸せを感じつつ生きています。

・ほけきょ庵はスタッフによるセルフビルド・手作りです
伊豆高原 観光 体験 陶芸

「ほけきょ庵」と言う名前はわたしの母がつけました。
最初は「ほうほけ郷」という名前を私が考えていたのですが、
少し硬いと悩んでいた時にぽんと母の口から出ました。

なぜ、「ホケキョ」と含ませたかったのかといいますと、

体験教室の構想を練りだしたその年は、暖かい日が続き
2月の中頃からウグイスが鳴き始め、しかも何時もの年よりもたくさんたくさん鳴いていました。
辛い時でもあの鳴き声をきくと心休まるから不思議です。
あのコケティシュで脱力感に満ちた鳴き声は覇気がない時も、頭に血が上っている時も
「ぷぷっ」と笑いをもたらすのですから。

・息子と娘、自然の中でのびのび育ってます。
伊豆 伊豆高原 観光

その年の「ホケキョ」の鳴き声は洪水のようでもありましたが、
とても心地よく幸せな気分にしてくれました。

そんな年の5月に妻のまゆみに求婚し、その半年後には結婚しました。
ウグイスの「ホケキョ」の鳴き声は求愛の行動と聞いています。
ウグイスが何時もの年よりも沢山繁殖し、桜も早咲きでしたし作物なども豊作。
ホタルも近年まれに見る銀河のように舞った年でした。

今思うと、あの年はそういう年であり、
私もそう言う大きなサイクルの中で生きているんだろうか。と振り返った時、
まゆみと私の二人の出会いの記念にしておきたかったのだと思います。

それプラスもう一つ。
伊豆に遊びに来た皆さんが、

「ホーホケキョ」の泣き声→「ホケッ」→「惚ける」→「のんびりする」→「癒される」

と言う願いも込めてます。

ほけきょ庵は小さな体験教室ですが、面白いと思うことを
詰め込むだけ詰め込んだ趣味的な空間でもありますし。
「作る」事を丁寧にしっかりと体験できる環境だと思いますし
それまで私が働いてた陶芸体験工房や、訪れた工房での疑問や不満を一切排除した工房です。

「①粘土制限」粘土2.5キロを500円でおかわり幾らでもできます

「②時間制限」40分間とか120分とか制限有りません貴方が満足行くまで楽しめます

「③焼く個数制限」1キロの粘土で2個までとかありません、結婚式の引き出物にと30個位焼く方もいます

「④どこも同じ焼き上がり」白・黒・黄色・赤・とかどこも同じの既製品のうわぐすりを使いません・経済産業省も認めた独自開発の伊豆の焼き物を用意してます

「⑤スタッフが手を入れて作品を奇麗にしちゃう」私たちはプロですから、お客さんが気が付かないうちに手を入れて立派な作品に仕立てて顧客満足度を高めるとかやろうと思えばできます、他所の工房の写真でも手を加えてる物とか一目でわかります。でもやりません、(不格好でもいいじゃない、自分で作った事に価値があるんだから)が工房の理念です」

以上の5点を皆さんへ約束します。

陶芸の面白さを体験していただく事はモチロンですが
伊豆の友人に会いに来た感覚、別荘に遊びに来た感覚で楽しんで頂ければ幸いです。

「ほけきょ庵マスター・武山よしてつ自己紹介」を読む

更新日: