新しい表現としての~酒器~

エイリアン酒器

注文で製作してた酒器が完成しました。
これまでのエイリアン系の器は、表現としての造形は突飛だけど
焼きあがりは伝統工芸の「志野焼き」であると言うミスマッチを楽しんでました。
今回それはやめて、新しい表現に踏み出してます。

意図した焼き上がりイメージは、
「乳白色系の肉質にグリーンがかった粘膜がトロ~リヌメヌメ」です。
写真で確認できますでしょうか。

そしてやはり、この酒器は
使い込むほどに完成に近づいてゆきます。
この写真では産まれたばかりのエイリアンの赤子のように
「乳白色系の肉質にグリーンがかった粘膜がトロ~リヌメヌメ」なのですが。

使い込んでゆくうちに乳白色が濁り始め
貫入(釉薬表面のヒビ)に染みが入り
使い込むほどに「味」がでて「寂び」てゆく育てる酒器なのです。

しかもただ使って汚れれば良いと言う訳ではなく
使用前と使用後にちゃんとした手順を踏んで
綺麗に汚れて行くのが理想的なのです。
最終的に作品を完成させるのは、購入された方です。
どうかこの酒器を愛しんでください。

今回、私にこう言った物の製作機会を与えてくださり
ありがとうございました。

文章※武山よしてつ