伊豆高原の観光 これから

・緑が芽吹いてきました
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験

2011 年4月11日(月)

桜の咲く3月後半から梅雨入りまでの約2ヶ月は、
伊豆高原でももっとも気持ちの良い季節です。

強くもない弱くもないちょうど良い日差し。
緑芽吹きカラフルに彩られてゆく様を見るにつけ
あ~やっぱりこの季節が一番だよな~と改めて思います。


・旅行雑誌:旅ガールを見て遊びにいらしたカップルです。 
グラスマレライでトンボ玉を作った後、ル・フィヤージュでランチ。そのあとほけきょ庵へと。
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験


しかし、例年ならウグイスの「ほ~~~ほけきょ」の大合唱が聴ける季節のはずなのに
今年は鳴りを潜め。例年より暖かくなるのも遅く緑の芽吹く感じも遅れ気味です。


あれ~、まだつくしんぼが生えてこないな~。
何時もならにょきにょき生えてるのを抜き取って
醤油炒めにして旨い酒でもあおるのに~と。

なんだか遅い春も地震の影響なのか~?とか
無意味に関連付けたくなったりと、
大震災以来、例年よりも遠のく客足を実感するにつれ
他の体験工房さんや宿泊施設さんと
現状を話すにつれ不安に襲われ
関西に出稼ぎにでも行こうかなど何度も考えました。


・男性陣電動ろくろ体験後に女性陣のお香つくりを手伝いました。
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験


私の母方は宮城県、父方は岩手県なのですが
不明だった親戚や友人の安否もようやく明るくなり
幸いにも近しい親戚・友人は全員無事とその事でも少し安心できました。
皆のところに少しでも物資を送ろうと今はもう開き直ってます。

例年の1割程度の客足だろうと何だろうと
遊びにいらしてくださるお客様を
一組一組大事に迎えようと決心してます。

現金収入のない日々を過ごしつつも居直ります。
だってまだまだほけきょ庵は未完成なのだし
来てくださるお客様もいるわけだもの。

ウッドデッキだって庭だって小屋だって
手を入れなきゃならない所がいっぱいありますし。
駐車場も作らなきゃならないし。
収入が無いなら無いなりに
今までも自分たちの手でやってきたじゃないかと。


・ホテル伊豆高原からの紹介。手びねりで桜を線彫りした器と湯呑。桜の里良かったです~と。
伊豆高原 観光 陶芸 体験 伊豆


そう考えて思い出せば、
私自身、東京でロックバンドやってた時も
フィギアを作って販売してたときも

何時だって毎日が不安定で
収入がままなら無かったよな~と。

むしろ今この状況のほうが
マダマダゼンゼン安定してるじゃないかと。
いまさら不安になることが馬鹿馬鹿しく思えてきました。


・結婚記念日旅行のご家族。お母さんロクロにて家族3人分の小どんぶり作り。
お父さん娘さん手びねり。娘さんはハシ置きを型抜きでぽこぽこいっぱい作りました。
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験


地元の観光業に携わる仲間たちと話をしていると
武山君甘いよ、むしろ悪くなるのはこれからだよ。
ゴールデンウィーク?お客さん来るわけないじゃない。
見通し甘いんじゃない?
戻ったとしても以前の客足に戻るか疑問だな~
などの厳しい意見もあります。

うわ~~そんなに厳しいのか~と
ボディブロー食らったような鈍痛で胃がキュっと〆ります。


それでも何でも
春の伊豆高原は断然気持ちが良いのです。
人間の思惑など寄せ付けないくらいに自然は雄大です。

大室山から見渡す景色は気持ちが良いですし
城ヶ崎のつり橋はスリル満点。
桜の里や桜並木もまだまだ桜が咲いてます。
ぜひ伊豆高原観光にいらしてください。


文章※武山よしてつ


・ウッドデッキで体験するにはまだチョイ肌寒い感じ
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験