伊豆の陶芸

■進化した日本の焼き物・伊豆の陶芸
伊豆 観光 伊豆高原 陶芸 体験

■日本が世界に誇る「焼き締めの灰被り」

ほけきょ庵の陶芸体験の焼き上がりの一つ、伊豆の白浜のエメラルドグリーンの海と白い砂浜を模した「伊豆白浜焼き」は、日本六古窯 ~備前、丹波、信楽、常滑、瀬戸、越前などに代表される「焼き締めの灰被り」の焼き上がりです。自然な風合いを大切にした日本独自独特の焼物として数百年に及ぶ歴史を誇り、渋みを漂わせ飽きの来ない焼き上がりにきっと満足いただけると思います。

これら「焼き締めの灰被り」の魅力の一つに窯変があります。窯変とは土と火の起こす偶然性にとんだ神秘的な化学変化。計算外の思いもよらない要因が結果として一つの芸術を産み出すことを言います。偶然性をも許容するその工芸精神は、自然の山河を思わせる作風で世界中で評価、賞賛が高まってきてます。

ほけきょ庵の陶芸体験では、この「焼き締めの灰被り」を
お手軽な体験いただけます。

独自技術の粋■オリジナルの土と釉薬と焼成方法が産み出すプレミアムな陶芸作品
伊豆白浜焼き

■環境面への配慮とコストの削減と新しい技術。

通常こうした窯変は「穴窯」「登り窯」などの古来の窯の不安定さの副産物であって狙ってできる物ではない上に、薪を燃料とする窯の大きな弱点として膨大な量の薪が必要な上に煙を多く排出するため環境に与える影響も大きく、窯に詰め込んだ2~3割は焼成不十分、もしくは倒れたり潰れたりと、窯修繕費も含め費用が莫大なものとなります。

焼き物の浪漫を追うのは素敵だけれども、「美」を求めるだけの為にしては、余りにも犠牲が大きい。物作りを生業にする私達は、「美」を求めつつも常にこうした矛盾や葛藤と向き合い。技術で解決する選択肢を持たねばならないのです。そして、現代窯の安定性の中に古代の窯の不安定性を再現する事により、「安定して不安定な焼き物を焼き上げる」技術を模索。「胡麻」「緋色」「桟切」「ビードロ」「焦げ」これら5つの窯変からなる新しい「焼き締めの灰被り」を産み出す事を追い求め続けています。

窯変■「胡麻」「緋色」「桟切」「ビードロ」「焦げ」

伊豆高原 観光 陶芸 体験 伊豆 白浜

■単なる「伝統の模写」で終わる事無く
時代に合った新しい「焼き締めの灰被り」の様式を打ち出す。

伝統的な焼き締めの器などは、伝統的な日本の食卓では良く映え、料亭や懐石などでは今でも主役を務めます。その一方、現代の西洋的文化を取り入れた一般家庭の食卓に、これら従来の「焼き締めの灰被り」で主役が務まるかと考えてみると。「重厚過ぎるのではないか?」「もう少しライトでポップにできない物か?」との疑問が立ちはだかります。

そしてせっかく伊豆で陶芸を体験するのだから「伊豆半島」と言う地域性を含めた焼き物を創出できないものか?

この二つのポイントを押さえた焼き物として伊豆の代表的な景色の一つ、伊豆の白浜のエメラルドグリーンの海と白い砂浜を模した「伊豆白浜焼き」を生み出しました。

陶芸体験後、約2ヶ月~3ヶ月を経て皆様のお手元に手元に届く体験作品には、こうした想いとドラマがいっぱいいっぱい詰まってます。思いもかけない素晴らしい焼き上がりの作品がお手元に届きましたらどうぞ可愛がってあげて下さい。

・胡麻 ※燃料の灰が窯の中を飛び回って器面に降り、溶けて衣装となったものです。
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験 窯変 胡麻

・ビードロ ※燃料の灰がかぶりブルー、若しくはグリーンのガラス状にたれ滴ること。
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験 窯変 ビードロ

・緋色 ※土や燃料に含まれる鉄分が炎と反応し、まるで炎を描いたかのようなオレンジ色が生じる
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験 窯変 緋色

・焦げと桟切 ※焦げ 燃料が燃えてできた燠の中に埋もれて、まるで焦げたような景色をいいます。※桟切 窯の脇ややきもの同士が接するところが不活性状態となり、還元焼成と酸化焼成とのせめぎ合い状況が生まれて変色します。
伊豆 伊豆高原 観光 陶芸 体験 窯変 焦げ

・陶芸体験の皆さんの作品
伊豆高原 観光 伊豆 陶芸 焼き物 伊豆白浜焼き


文章※ほけきょ庵マスター 武山よしてつ

「こだわりのオリジナルブレンド土」を読む

「陶芸体験その後」を読む

「極渋の黒 炭化焼き締め」