森林 アート セラピー

伊豆高原 観光 体験 陶芸
2010年7月27日(月)

ウッドデッキに手すりをつけました。
正直つけようかつけまいかかなり悩みました。
景観と言うか、森の見え方がかなり異なるからです。

手すりをつけない方がアウトラインすっきりで
森の緑とのコントラストが美しく映えるのですが、
現実的に考えると、手すりが無いのはやはり危険な感じ。

どの位危険かというと、怪我をするほどの事ではないとは思うのですが。
デッキから落ちてしまうと言う、心理的なダメージと言うか。
その辺をクリアにしたいのです。

マイナスの要素と言うよりは、手すりがあることのプラスの要素。

「安心感」を演出したいのです。

手すりをつけてみてまさにその
「安心な感じ」が付与されていて良い感じ。

物作りを楽しんでて、ふと顔を上げると
森に囲まれてる感じ・・・。

森林&アートセラピー

ヒーリング、癒しの空間を演出できたかな~。

自分の作品作りなども、狭い工房で作業をするより
断然このウッドデッキで作るほうが気持ちよいです。
皆さんにも味わって欲しいなあ。

文章※武山よしてつ


伊豆高原 観光 体験 陶芸