今年もクワガタがやって来た

伊豆高原 クワガタ カブトムシ


2010年7月14日(水)

ここ数日、

ブ~~~~ン。。。、、バチッ・・。ポトン。

と子供の頃夢中になって追い掛け回した
クワガタカブトムシが飛んでくる事が多くなってきました。


しかし年を追うごとに小型化が進んでますね~。
ノコギリクワガタの癖して小クワガタ見たいな大きさです。

私が子供の頃は手首を噛み切られそうなくらいに大きな顎をした
ノコギリクワガタに畏敬の念を持ちつつ接してました。

カッコイイし採集したいんだけど

それだけじゃなくて「強そうで怖い」かったんです。

埼玉の川越で採れるノコよりも
伊豆高原のほうが2倍くらい大きかったし
ヒラタクワガタもオオクワガタも採れましたし
採れる数も尋常じゃありませんでしたからね。

子供の頃は、この時期巨大な蛾やスズメバチ。
それに混じってクワガタやカブトムシが
網戸に「びっしり」とまったものものでした。

その光景はまるで「スターシップトゥルーパーズ」のワンシーンの様でもありまして。
伊豆の虫達のあまりの巨大さに背筋が寒くなり
川越では喜んで追い掛け回してたのに
追い掛け回されたら大変だと恐怖してましたから(笑)


あの出来事がまるで夢のような
今の現状ですが。

それは単にほけきょ庵の周辺が開けたと言うだけの話で。
きっともう少し山奥行くと少年の時見たあの光景が
繰り返されているのだろうなと。

そう信じて疑いません。

文章※武山よしてつ

伊豆高原 クワガタ カブトムシ