黒天目蟲王焼き

伊豆観光 伊豆高原 陶芸 焼き物


制作者 武山よしてつ
材料 信楽並土 黒天目釉 
製作時間 約2時間(焼成時間除く)

どなたにでも簡単に作れる「易しい」構造を実現しました。(小学校高学年以上対象)

焼き物には天目と言う様式があります。
鎌倉時代に禅宗の僧が日本に輸入したのが始まりです。
室町時代にはお金持ちの方々を中心に愛されました。
造形はキッチリカッチリした感じで、
後の日本独自の焼き物とはかなり趣向が違います。

油適天目 黒天目 窯変天目など
様々なバリエーションがあり、「国宝」にも加えられている
大変な「価値」のある焼き物でもあります。

時代の返還と共にバリエーションを生みつつ
すでに日本独自の「伝統」となった感のある
1千年の歴史を持つこの焼き物に

西暦2007年、新たに「黒天目蟲王」という様式が 開発され
黒天目のバリエーションの一つに加わりました。


テーブルウェア・フェスティバル2006(東京ドーム)
暮らしを彩る器展・第14回テーブルウェア大賞優しい食空間コンテスト展入選

雑誌「優しい食卓 Vol26」に掲載されました
伊豆観光 伊豆高原 陶芸 焼き物